国連人権勧告実現を ミャンマーの状況について学習会

ミャンマー軍事政権の抑圧に抗う人々に連帯し
日本政府・企業の軍事政権を利する姿勢と経済協力を許さないために!

今年2月の軍事クーデタによって注目を集めたミャンマー(ビルマ)。そこで私たちが眼にしたのは、虐殺などの弾圧に屈せず、クーデタに抗議し、闘い続けるミャンマー国民の姿でした。ミャンマーの人々は、50 年以上にわたる軍政から勝ち取った自由と民主主義を再び奪われまいと必死に闘っているのです。
長い間の軍による過酷な支配と民主化運動とは何だったのか、そして軍政をめぐる国際社会日本政府、日本企業との関わりとは何だったのか。
こういった問題点を探っていくと、ミャンマー情勢が、まさにミャンマー一国の問題ではなく、アジア、そして日本社会が深く関わった問題であることが分かります。
ミャンマーの歴史や民主化運動、日本との関わり、さらには在日ミャンマー人の活動を紹介しながら、ミャンマー問題について日本がやるべきこと、日本社会ができることなどを考えます。

2021年8月28日(土)13:45(13:30開場)から16:30
会場 連合会館201
講師 熊沢 新
1965年生まれ。同志社大学文学部卒業。2003年より行政書士。
在日ミャンマー市民協会、SUPPORT ORPH-JAPAN事務局。
<参考文献>○「観光コースでないミャンマー(ビルマ)」(宇田有三/高文研)○「物語 ビルマの歴史」(根本敬/中公新書)

参加費 500円
連合会館 ☆ZOOMなどオンラインはありません
●地下鉄:東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」 B3出口(徒歩0分):東京メトロ丸ノ内線「淡路町駅」 B3出口 ※(B3出口まで連合会館 徒歩5分):都営地下鉄新宿線「小川町駅」 B3出口 ※(B3出口まで徒歩3分)
●JR中央線・総武線「御茶ノ水駅」 聖橋口(徒歩5分)

【主 催】 「国連・人権勧告の実現!」実行委員会
【連絡先】 090-9804-4196 (長谷川和男)
【ブログ】 http://jinkenkankokujitsugen.blogspot.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする