感染法改悪法案は撤回を

内閣総理大臣 菅 義偉殿
厚生労働大臣 田村 憲久殿

2021 年 1 月 29 日
精神障害者権利主張センター・絆

165-0027東京都中野区野方 4−21−8−202
山田方 絆社
電話 080-1036-3685
e-mail nrk38816@nifty.com

感染法案によると入院を拒否した感染者・患者に対して過料という制裁を科すというこ とになったとのこと。

私たち精神障害者は常に強制入院の脅しのもとで怯えて暮らさざるを得ない毎日を過ご しています。

一度でも強制入院を体験した仲間の中にはそれゆえ医療を拒否する方もあります。 刑罰の規定がなくなったとはいえ,感染した人にその責を負わせ,感染者・患者が過料で入 院を強いられるとすれば、医療の本質本人の利益は吹き飛びひたすら隔離収容を目的とせ ざるを得なくなります。

人は皆むしろそれくらいならと医療に近づかなくなりますし,また日々の暮らしのため には感染していても働かざるを得ない方も多いのです。

必要なのはこうした脅しではなく安心して休むこと入院することのできる医療及び生活 への財源措置です。

この法案を白紙撤回することを求めます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする