連続企画 公開座談会~精神保健福祉法を読み解く 第1回 措置入院

1回「措置入院」

 弁護士が強制入院の法律要件を満たしていないと考えても、医師は入院は適法だと主張する、そんな場面はないでしょうか。

あるいは、医療側からすると、なぜ弁護士が病院に来て医療に口出しするのかと思う、弁護士からすると、医療に口出しするなと言われる、そんなことはないでしょうか。

精神保健福祉法は医療現場でどのように解釈され、適用されているのか。

それは法律家の解釈と異なるのか。

患者のために精神医療をより良くするには、法律はどうあるべきなのか、

医師と弁護士で考えたいと思います。

今回は、措置入院をテーマに、措置入院の要件や昨年公表された措置入院の運用に関するガイドライン

https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=00tc3289&dataType=1&pageNo=1

について議論します。

【日 時】

2019222日(金)1730分~1930

(受付開始:1710分)

【場 所】

中央大学駿河台記念館480号室(千代田区神田駿河台3−11−5

http://www.tsukyo.chuo-u.ac.jp/access/surugadai/

【参加費(資料代込み)】

医師、弁護士:1000

医師、弁護士以外の方:500

*事前申込不要ですが、座席は42席までで、先着順になりますのでご了承ください。

【登壇者】

池原 毅和(弁護士)

太田 順一郎(精神科医)

中島 直(精神科医)

司会:姜 文江(弁護士)

2回は約34か月後に行う予定です。

主催:精神保健福祉法実務研究会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. yamamoto より:

    医者と弁護士が額を寄せて何が出てくるか
    疑問はありますがご参考までに