旧優生保護法国賠訴訟 仙台 第4回口頭弁論

◆11月28日(水) 旧優生保護法国賠訴訟 第4回口頭弁論が行われます!
2018年11月28日(水)は、旧優生保護法下で不妊手術を強制された宮城県の女性が、国に謝罪と補償を求めて起こした裁判の第4回口頭弁論です。
国は争う姿勢を示していますが、この問題にどのように向き合うのかが注目されます。
また、支援者がたくさんいることを世の中の人に知ってもらうことで、
問題の重大さを伝えることにもつながります。
平日の日中というお忙しい時間ですが、ぜひ、傍聴にご参加ください
1.旧優生保護法国賠訴訟 第4回口頭弁論 傍聴
日  時:2018年11月28日(水)16:00~
(集  合:13:30仙台地裁1階ロビー)
※傍聴の抽選券の配布時間は13:30~13:50です。
時間については仙台地方裁判所のホームページもご確認ください。
各自裁判所内に入って、並んで抽選券を受け取ってください。
裁判所に入るときにセキュリティチェックがありますので、
時間に余裕を持ってお越しください。
今回は、入廷行動を予定していません。各自で抽選に並んで傍聴に参加してください。
2、報告集会
日  時: 同日 17:30~ (開場17:00)
場  所:仙台弁護士会館 4階大会議室
     〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町2-9-18
内  容:裁判の報告、当事者の発言 等
     *手話通訳・要約筆記あり
資 料 代:300円
連 絡 先:優生手術被害者とともに歩むみやぎの会
     〒980-0804 仙台市青葉区大町1丁目2-1
     ライオンビル3階 宇都・山田法律事務所 気付
     TEL:022-397-7960 FAX:022-397-7961
     E-mail: testify19481996@gmail.com
呼びかけ人:優生手術被害者とともに歩むみやぎの会
      優生手術に対する謝罪を求める会
       旧優生保護法弁護団
◆「優生手術被害者とともに歩むみやぎの会」とは◆
「優生手術被害者とともに歩むみやぎの会」は、この問題に関心をもつ個々人をゆるやかにつなぐネットワークです。国の謝罪と補償を求める被害者の闘いに伴走するとともに、優生手術被害の歴史を学び、当事者の声に耳を澄ませる場をつくります。それぞれに生活の場をもつ人々がともに考えることで、地域社会での「共生」の実現をめざします。多くの人々の参加を呼びかけます。
  ・ホームページ: https://tomoniayumu.wixsite.com/mysite
  ☆関心のある方は、testify19481996@gmail.comまでご連絡ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. すずき より:

    本人の同意なしで強制的に手術をされた 国家議員や国、医師が優生思想の元このような事が1996年の頃 まで法律があったとは信じれれないです。 残念なことです。  障害者が生まれるのは2~3% と言われています。 軽度から重度まで様々ですが 相模原市で起きた障害者殺人事での障害者はいらない という思想を持っている人は多いと思います。軽度の障害や染色体異常で生まれた人は 普通にみんなと同じように社会生活をおくり 仕事もできます。でも なかなか周囲からは受け入れられないです。 暴言 暴力 いじめ いやがらせ などの差別を受け 差別による転職 解雇を生きている間はずっと続きます。 障害者差別解消法 雇用促進法など施行されても 何も活用されない。優生優位の思想のままで 人と少しでも違う 違和感がある 不快感を与えてしまう障害や奇形がある人は 社会から受け入れてもらえない。 排除しよう 孤立させよう とする動きはあります。 普通でないのが悪いと責められます。 これが現状だと思います。  健常者も障害者も共存できる 差別や偏見のない一人一人の人権が保障される社会になってほしい。